ブラック企業は最悪

ブラック企業は最悪です

ブラック企業はとても最悪な労働環境となっています。残業をする事は当たり前となっていますが、残業代はありませんので、サービス残業となってしまいます。また、通常の勤務時間よりも早い出社を求められていますので、実質的な拘束時間は非常に長いものとなっています。更に、休日も少なくなっていますので、祝日や土日、年末年始などの出社は当たり前となっています。そのため、有給も消化をする事が出来ない状況となっており、とても大変です。

 

ブラック企業で働いていると、体力的にも辛いですが、精神的に大きな負担が掛かるようになっていますので、とても辛い毎日となっています。同僚がうつ病になる事は当たり前となっており、離職率がとても高い会社となっています。辞めたいと思っても、家庭を持っていたり、生活に必要なお金が無い場合には辞める事が出来ない状況となっていますので、上手く辞める事は出来ない会社となっています。

 

当然、給与も一般的な水準とは低いものとなっていますので、貯金をして貯める事は出来ないようになっており、辞めるタイミングを掴む事は大変となっています。辞めたい毎日ですが、生活をする上で仕方なく続けるしかない毎日で、社畜として生きる事しかできません。

ホーム RSS購読 サイトマップ